FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

今日もありがとう

あなたは
人目の訪問者です since2006.10.22

素直な心

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


自己紹介

与治右衛門

Author:与治右衛門
2010.07.01 ブログ引越しました
http://www.h-yojuemon.com/blog/
今まで同様お付き合い下さい。

きっと、あなたのココロとカラダが楽になる。
そのためのお手伝いをしています。

とりあえず、嫌なことがあったときは『ありがとう』、良いことがあったときは『感謝します』といってみましょう。

Twittterはじめました。こちらでフォローしてくださいませ。

Mixiやってます。ピンときたかたは マイミクに<(_ _)>


カテゴリー


DATE: CATEGORY:04_つれづれなるままに
今日は久しぶりの休日出勤。

といっても、製造部なのでローテーション勤務が原則だけど、無理してカレンダー通りにしてもらってました。

まあ、他の部署が休みなので、平日よりは集合して仕事ができます。
スポンサーサイト



| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:02_いやしびと
今日は、実家の墓参りに行く予定で、地域消防の施設点検を終えて帰ってみると、嘉音が39度の熱があるという。

弟夫婦にベビー服をあげる約束をしていたので行かないわけはいかず、しょうがないので助手席に乗せヒーリングをしながら実家に直行。

墓参りをすませて、3時頃に戻ってきた。
熱はまだあったが、病腺が抜けていたのでそのままにして寝かす。
かなり大汗をかいて2時間ほど眠っていた。

目が覚めて、晩飯を食べる頃には復活した。

予想より早い回復だったので、親として一安心。

具合が悪い子供をただ見ているだけでなく、なんとかしてあげたいと思うのが親心。

私が日頃レイキを親が身につけてもらいたいと思う理由の一つです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:02_いやしびと
依頼があったので、今日は仕事が終わった後、1時間程度同僚にレイキヒーリングをしてみた。

今週末に部落の祭礼があって、同僚はお神楽の稽古をしているのだが、どうやら腰を痛めてしまったらしい。

稽古があるので、近場でヒーリングできる人を探していた時に、飲んだ席で、私が、「ヒーリングできるんだよね、オレ」みたいなことを言っているのを思い出したらしい。

数日前に仕事中に呼ばれて、「どうも調子が良くないから、近いうちに頼むよ。」と言われ、「いつでも、どうぞ」と軽く返事をしていた。

同僚の部屋に行き、身体の状況を確認してみると、確かに腰からヒビキを感じたので、早速雑談をしながら、ヒーリング開始。

感想は、腰に手を当ててるだけなのに、腕のほうに熱いものを感じるとの事。
少し、敏感のようだった。

ヒビキがかなり抜けたので、他の場所を探してみると右肩から、さっきの腰よりも強いヒビキを感じたので、手を置いてみると、、、、同僚が一言。

「痛い」

話を聞くと、野球で痛めてしまったようだった。
3年以上もかばっているらしく、なかなか奥のほうにあるヒビキが抜けなかったが、表面にあるのはほぼ無くなったので、とりあえず今日のところは終了。

腰の状況を確認すると、かなり改善されたようで、何よりだった。
普段の姿勢で既に痛みがあったのに、それが無くなっていると言っていた。

最後に腰の操体を伝授して、日々の自己メンテナンスしてもらうことにした。


こんな感じで、ヒーリングしてます。
興味のある方はコメントに書き込んでくれるとうれしいです。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:02_いやしびと
演奏会が終わった次の日、JRH-KTの活動の宣伝と自分のために久々に交流会に参加する。

良いエネルギーをもらって、リフレッシュしました。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:03_音を楽しむ
しつこく宣伝した、演奏会も土曜日に無事終了。

いつも思うが、奏者と観客ともに楽しく過ごす時間を共有できたのは、とてもすばらしい。

アンコールでは、知人を確認することができ、うれしくもあり、恥ずかしくもあった。

演奏内容については、アンケートを見てから考えることにした。
自己満足だけじゃつまらないからね。

打ち上げにもいろいろな方(かなりレアな人も)が参加してもらって、とてもうれしく思った。

この楽団を作った目的や経緯を人に話すことも最近ないが、良い方向に進んでいると思う。

これからは音楽性も追求できるようなバンドにして、奏者も観客ももっと楽しめるバンドにみんなでしていこうと強く思う。
| BLOG TOP |

copyright © 与治右衛門のつれづれ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ