FC2ブログ
  1. 無料アクセス解析

今日もありがとう

あなたは
人目の訪問者です since2006.10.22

素直な心

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


自己紹介

与治右衛門

Author:与治右衛門
2010.07.01 ブログ引越しました
http://www.h-yojuemon.com/blog/
今まで同様お付き合い下さい。

きっと、あなたのココロとカラダが楽になる。
そのためのお手伝いをしています。

とりあえず、嫌なことがあったときは『ありがとう』、良いことがあったときは『感謝します』といってみましょう。

Twittterはじめました。こちらでフォローしてくださいませ。

Mixiやってます。ピンときたかたは マイミクに<(_ _)>


カテゴリー


DATE: CATEGORY:04_つれづれなるままに
今日は部落の飲み会。

都会でいう「町内会」といったところか。それぞれの家から代表が集まり、集会場で酒を飲みながらよもや話をする。

中学校の先生が幹事だったが、こんな田舎なのに心の悩みで家に引き込もってしまっている子が多いらしい。また、怒られ慣れていないせいか、すぐにへこんで立ち直れない子も多いらしい。リスト・カットを繰り返している子もいると聞いた。

対応するのにかなり苦労しているのがよくわかった。

学校が悪いとか、家庭が悪いとか、社会が悪いとか、いろいろとあるのだろうが、自分が思うに、生きていく上で必要な経験が不足しているような気がする。

子ども達の未来のために、自分が持っているテクニックを使って何とかできないものかと、相槌をうちながら考えてしまった。
コメント

思うに・・・

久しぶりです。
ウチには子供がいないので、こういう事実を目の当たりにするとびっくりです。
昨今、少し前では考えられない少年犯罪や子供が巻き込まれた事故のニュースが多いこと、多いこと。
でもこれってみーんな大人社会の真似だよね。
子供は鏡ように大人のやることを真似る。
子供がいない僕であっても、こうした事実は真剣に受け止めないとな。

お久しぶりです

相田みつをさんの言葉に

『育てたように 子は育つ』

というのがあります。

嘉音が産まれたときに、巡り会いました。

まず、自分の子どもたちから、実践していきます。

こんばんわ 
精神科の授業で引きこもりをしてしまう子供の多くは、そうすることで家族機能がうまくまわるようにしていると学びました。
そうせざるを得ないようにしている原因をヒーリングなんかで家族たちにきずかせてあげられるといいですね

やはり、バランスをとるために、そういう役割を演じている場合があるのですね。

気付かせるのも、直球でいくと状態が悪化することも考えられるので、なかなか難そうです。

自分の中の課題の一つになりそうです。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 与治右衛門のつれづれ日記 all rights reserved.Powered by FC2ブログ